簡易成人病健診(生活習慣病健診)

35歳以上の被保険者・被扶養者の方を対象に当健康保険組合の指定した健診機関で健診が受けられます。

当該年度の3月末日までに35歳以上になる方が対象です。

補助は、年度内(4月~翌年3月)に1回です。

人間ドックや特定健診などの受診者には補助はできませんのでご注意ください。

巡回健診(事業所への)

一部施設で受診できる健診機関もあります。

健診機関
一部負担金 3,000円
健診終了後に健診一部負担金を(事業所宛に)請求させていただきますので、当健康保険組合に納付してください。
健診方法 検診車を各事業所に派遣して健診を行います。
なお、受診者が少ない事業所につきましては、健診機関で受診していただくことになります。
検診車での子宮がん検診、乳がん検診のオプションは利用できません。
申請方法 事業所にて受診者を取りまとめ、健診機関と日時などを決定し、予約のうえ、当健康保険組合に「簡易成人病健診申込書」を提出してください。
後日、問診票などが健診機関から送付されてきます。

東振協(とうしんきょう) 生活習慣病Bコース

健診機関
一部負担金 3,000円
健診日当日に健診機関窓口で健診一部負担金をお支払いください。
当健康保険組合より、一部負担金などの請求はありません。
子宮がん検診、乳がん検診以外のオプションにつきましては全額自己負担です。
申請方法 各自で健診機関や日時などを決定し、健診機関に予約を入れてください。
予約後、当健康保険組合に「東振協 生活習慣病健診(Bコース)予約連絡届」を提出してください。
後日、問診票などが健診機関から送付されてきます。

指定健診機関で受診が困難な場合(受診される前に当健康保険組合に必ずご連絡ください)

指定健診機関で受診困難な場合は、「簡易成人病健診に準じる健診項目」で健診を実施していただき、1名につき上限25,000円を補助します。

健診料が28,000円以下の場合は、一部負担金3,000円を控除した額が補助額となります。
「簡易成人病健診料≪35歳以上≫(契約健診機関以外)補助金申請書」「健診結果(写し)」及び「請求書(写し)・領収書(写し)」「標準的な質問票」を添付のうえ申請をしてください。
指定健診機関以外での受診希望がある場合は、必ず当健康保険組合までご連絡いただき、事前承認を受けてください。
(健診の見積書の提出が必要です。)
なお、健診項目が不足している場合は補助いたしません。
女性には、子宮がん検診、乳がん検診を受けていただくようにお勧めください。

子宮がん検診、乳がん検診

オプションで子宮がん検診(20歳以上対象)、乳がん検診(年齢不問)を受診した場合、補助金額につきましては下表のとおりです。

指定健診機関で受診した場合
子宮がん検診 全額補助
乳がん検診 全額補助
指定健診機関以外で受診した場合
子宮がん検診 上限3,000円の補助
乳がん検診 上限5,000円の補助

補助対象検診項目

子宮がん検診 :頚部細胞診(体部は補助対象外)
乳がん検診 :視触診+エコーまたはマンモグラフィ

女性の被扶養者の方を対象とした巡回健診

おすすめです!『自己負担額』は、3,000円!!

35歳から74歳の女性の被扶養者の方に、ご自宅へ直接案内を送付しています。

健診項目は、「簡易成人病健診(生活習慣病健診)」に、乳がん検診と子宮がん検診をプラス。

健診機関 名称 案内
時期
健診期間(予定)
京都工場保健会 被扶養者健診 4月
下旬
近畿地区 7月から
翌年2月
近畿地区以外 7月から
翌年1月
東振協
(とうしんきょう)
婦人生活習慣病健診
C1コース
6月
下旬
10月から翌年1月

PageTop

メニュー

メニュー